平群氏
概説
本貫地
大和国平群郡平群郷(奈良県生駒郡平群町)を本拠地とした古代在地豪族

氏姓
姓は臣(おみ)、後に子首(こびと)の代に朝臣となる。


系譜
系譜  
   祖:武内宿禰
       ↓
   1: 平群木菟宿禰(へぐりのつくのすくね)
       ↓ 
   2: 平群真鳥(へぐりのまとり)・・・雄略・清寧・顕宗・仁賢朝の大臣
       ↓ 
   3: 平群鮪(へぐりのしび)
       ↓ 
   4: 平群根咋
       ↓ 
   5: ○○○○(不詳)
       ↓ 
   6: 平群神手(かみて)
       ↓ 
   7: 平群宇志
       ↓ 
   8:平群子首(こびと)・・・帝紀・上古諸事の記定事業に参画。
       ↓ 
   9: 平群豊麻呂・・・讃岐守
       ↓ 
   10:平群広成・・・武蔵守



事績
応神期
このころから軍事氏族としての活躍が見えはじめる。

履中朝
平群木菟宿禰(へぐりのつくのすくね)が国政に携わるようになった。

雄略朝以降
木菟の子の真鳥(まとり)が「大臣」を歴任して一族の興隆を極めた

498年
仁賢天皇の崩後、真鳥大臣は日本国王になろうと専横を極めて、国政をほしいままにしたため、天皇家をも凌ぐその勢力を怖れられ、稚鷦鷯太子(後の武烈天皇)の命を受けた大伴金村により、真鳥とその子の鮪(しび)は誅殺されたという。

587年 用明天皇2年
物部討伐将軍として神手(かみて)の名が見え、この頃までに大夫選任氏族としての地位を得ていた。

681年 天武天皇10年
帝紀・上古諸事の記定事業に平群子首(こびと)が参画。

684年 天武天皇13年
10月の八色の姓施行に伴い、改めて朝臣姓を賜る。

奈良時代
広成などの官人を輩出したが、その後は没落した。


平群氏の人物
平群真鳥
概要
雄略・清寧・顕宗・仁賢朝の大臣。
雄略天皇の御世に大臣となり、平群氏の全盛期を迎えさせる。

生涯
仁賢天皇の没後、自ら大王になろうとしたが、これに不満を抱いた大伴金村は小泊瀬稚鷦鷯尊(後の武烈天皇)の命令を受け平群真鳥を討ち、真鳥は自害し平群本宗家の一部は滅んだ(生存説もある)。
また、小泊瀬稚鷦鷯尊に命ぜられ、竹内文書を作ったといわれる。


平群広成(へぐり の ひろなり)
概要
生年不詳 - 天平勝宝5年1月28日(753年3月11日))
奈良時代の遣唐使判官。讃岐守平群豊万呂の子。従四位上・武蔵守。
正式な姓(かばね)は平群朝臣(へぐりのあそみ)。

生涯
遣唐使として唐に渡るが、帰国の途中難船。
はるか崑崙国(チャンパ王国)にまで漂流したが、無事生還し日本へ帰国した。
古代の日本人のなかで最も広い世界を見たとされる人物とされる。


平群氏に関する諸説
活躍した時期
考古学的な見地からは、平群氏の奥津城とされる平群谷古墳群(平群町に所在)の変遷を考えると、同氏の台頭は6世紀中期以前には遡れないという。
このことから、平群氏を6世紀後半の神手以降の新興在地豪族と見る説が有力である。

従って、真鳥が大臣に就任して専権を振るったという『書紀』の叙述は史実として認められず、平群氏が自氏と同じく武内宿禰の後裔氏族である蘇我氏への対抗意識から故意に作り上げたのだと説明されている。
天武天皇10年(681年)の帝紀・上古諸事の記定事業に平群子首(こびと)が参画していること、持統天皇5年(691年)に「墓記(纂記)」上進を命じられた諸氏族に平群氏が含まれることは、同氏伝承の成立とも関わっていることも考慮される。



参考資料
「古代豪族系図集覧」 (東京堂出版 1993)
ウキペディア「平群氏」


 「ファンタジ-米子・山陰の古代史」は、よなごキッズ.COMの姉妹サイトです
   ファンタジ-米子・山陰の古代史   








平群(へぐり)氏
武内宿禰の四男、平群木菟宿禰(へぐりのつくのすくね)を祖とする豪族。