上代特殊仮名遣い
上代特殊仮名遣いとは
甲類(甲音)と乙類(乙音)
現代日本語の50音のうち、イ段のキ・ヒ・ミ、エ段のケ・へ・メ、オ段のコ・ソ・ト・ノ・(モ)・ヨ・ロ及びの14音について奈良時代以前の上代には甲類と乙類の万葉仮名の書き分けが見られ、両者は厳格に区別されていた事がわかっている。
ただし、の区別は『古事記』のみに見られる。またエはア行とヤ行に分けられていた。なお、甲乙の区別は濁音のギ・ビ・ゲ・ベ・ゴ・ゾ・ドにもある。
     例:「ひ」は二種類に区別されていた。
          Fi 甲類:、陽、霊、杼、、一、桧。
          Fï 乙類:火、樋、干、肥、斐

甲乙の差異について
例えば「き」を表す万葉仮名は支・吉・峡・来・棄などの漢字が甲類の「き」とされ、「秋」や「君」「時」「聞く」の「き」を表していた。
そして己・紀・記・忌・氣などが乙類の「き」とされ、「霧」「岸」「月」「木」などの「き」を表している。
上代の文献では全体にわたってこのように整然たる仮名の使い分けが見られ、一部の例外を除いて甲乙の混同は見られず両者は厳然と区別されていた。

8母音説
こうした甲乙の区別は、上代においては母音がアイウエオの5音の他にイエオのみ甲乙の2種類に分かれ、8母音であったことから生じたという音韻による区別の説が立てられた。
すなわち、上代日本語は50音でなく87音(あるいは88音)あったと考えられたのである。
そして、平安時代以降になってそのような区別が薄れたため、一つに統合されていったと考えるのである。
ただし、実際の音価については不明な点も多く、また音素として別だったかについても異論がある。


上代特殊仮名遣の発見
本居宣長(1790年)
上代特殊仮名遣はまず本居宣長によって研究の端緒が開かれた。
宣長の浩瀚な『古事記』の註釈書、『古事記伝』には、第一巻の「仮字の事」ですでに「同じ音の中でも、言葉に応じてそれぞれに当てる仮字が使い分けられている」ことが指摘されている。

石塚龍麿(1798年)
宣長の着想をさらに発展させたのが彼の門弟・石塚龍麿による『仮名遣奥山路』(1798年頃発表)である。
これは万葉仮名の使われた『古事記』・『日本書紀』・『万葉集』について、その用字を調査したものである。
この中で石塚は万葉仮名においてはエ・キ・ケ・コ・ソ・ト・ノ・ヒ・ヘ・ミ・メ・ヨ・ロ・チ・モの15種について用字に使い分けがあると結論づけた。
しかし、当時は本文の信憑性に関する批評が盛んでなく、調査に使われたテキストに誤記が含まれていたことや仮名の使い分けが音韻の違いに結びつくという結論付けがなされていなかったこともあり、注目を集めることはなかった。


8母音説の提唱
橋本進吉(1917年)
宣長・石塚によるこの研究は長く評価されずに埋もれていたが橋本進吉によって再発見され、1917年、「帝国文学」に発表された論文「国語仮名遣研究史の一発見――石塚龍麿の仮名遣奥山路について――」で学会に評価されるようになった。
なお橋本以後の研究では石塚竜麿が指摘したチの使い分けを認めておらず、エ・キ・ケ・コ・ソ・ト・ノ・ヒ・ヘ・ミ・メ・ヨ・ロ・モの14種および濁音がある場合はその濁音を古代特有の使い分けと見なしている。
この使い分けに橋本は「上代特殊仮名遣」と命名した。
なお、モの使い分けは古事記にのみ見られるものである。橋本は甲乙の音価の違いについて、甲音は現在のものと同じ音[i], [e], [o]とし、乙音を[ï], [ë], [ö]と推定した

有坂秀世と「有坂の法則」(1934年)
有坂秀世は1934年の論文「古代日本語における音節結合の法則」で、上代特殊仮名遣いに関する次のような法則を発表した。
  オ列甲類音とオ列乙類音とは、同一結合単位内に共存することはない。

  ウ列音とオ列乙類音とは、同一結合単位内に共存することが少ない。
  特に2音節の結合単位については例外がない。
 
  ア列音とオ列乙類音とは、同一結合単位内に共存することが少ない。

これは有坂の法則と呼ばれた。
母音同士が共存しやすいグループを作り、互いに同グループの母音と共存しやすく他グループの母音とは共存しにくいという傾向はトルコ語などに見られる「母音調和」現象の名残とされ、有坂の法則は日本語がアルタイ語族であることの一つの証左であるとされたりした。

8母音説と武内文書
橋本・有坂によるこれらの研究により上代特殊仮名遣は国語学における定説となり、いわゆる古史古伝の竹内文書などに使用されている神代文字も「上代には8母音あったはずなのに、なぜか5母音のままで上代の仮名遣いに配慮していない」ということから、そうした仮名遣いの区別がなくなった後世の偽書として否定した。


8母音説への反論
松本克己(1975年3月)
松本は有坂の音節結合の法則について、「同一結合単位」という概念の曖昧さを指摘した上で甲乙2種の使い分けがある母音だけではなく全ての母音について結合の法則性を追求すべきだとして、1965年の福田良輔の研究をもとに母音を3グループに分けて検証を行なった。
その結果、従来甲乙2種の使い分けがあるとされてきた母音は相補的な分布を示すなどしており、母音の使い分けを行なっていたわけではなく音韻的には同一であったとした。
松本は日本語の母音の変遷について、次のような変遷を辿ったとし、上代日本語の母音体系は現代と同じ5母音であったと結論づけた。
   i, a, u の3母音
   i, a ~ o, u の4母音
   i, e, Ï, a, o, u の6母音
   現在の5母音

森重敏(1975年9月)
森重敏は「上代特殊仮名遣とは何か」を発表し、松本とは別の観点から上代特殊仮名遣の8母音説に異議を唱えた。
森重説でも最終的に日本語の母音体系は5母音であったとしている。
すなわち、万葉仮名に見られる用字の使い分けは渡来人が日本語にとって不必要であった音声の違いを音韻として読み取ってしまったものだとするものである。
森重はそれをあたかもヘボン式ローマ字が日本語にとって必ずしも必要な聞き分けでないsh, ch, ts, fなどを聞き取ったことになぞらえ、上代特殊仮名遣い中「コ」音のみが平安初期にまで残ったにもかかわらず、ひらがなにその使い分けが存在しなかったことなどを傍証として挙げている。



万葉仮名
万葉仮名(まんようがな)とは
仮名の一種で、主として上代に日本語を表記するために漢字の音を借用して用いられた文字のことである。『萬葉集』(万葉集)での表記に代表されるため、この名前がある。真仮名(まがな)、借字ともいう。仮借の一種。

万葉仮名の特徴
楷書ないし行書で表現された漢字の一字一字を、その義(漢字本来の意味)に拘わらずに日本語の一音節の表記のために用いるというのが万葉仮名の最大の特徴である。
万葉集を一種の頂点とするのでこう呼ばれる。
『古事記』や『日本書紀』の歌謡や訓注などの表記も万葉集と同様である。
『古事記』には呉音が、『日本書紀』α群には漢音が反映されている。

万葉仮名の数
江戸時代の和学者・春登上人は『万葉用字格』(1818年)の中で、万葉仮名を五十音順に整理し、正音・略音・正訓・義訓・略訓・約訓・借訓・戯書、に分類した。
万葉仮名の字体をその字源によって分類すると記紀・万葉を通じてその数は973に達する。


万葉仮名の歴史
確実な成立時期
万葉集や日本書紀に現れた表記のあり方は整っており、万葉仮名がいつ生まれたのかということは疑問であった。
正倉院に遺された文書や木簡資料の発掘などにより万葉仮名は7世紀ごろには成立したとされている。

最古の資料
実際の使用が確かめられる資料のうち最古のものは、大阪市中央区の難波宮(なにわのみや)跡において発掘された652年以前の木簡である。
「皮留久佐乃皮斯米之刀斯(はるくさのはじめのとし)」と和歌の冒頭と見られる11文字が記されている。

さらに古い可能性
しかしながらさらに古い5世紀(471年)の稲荷山古墳から発見された金錯銘鉄剣には「獲加多支鹵(わかたける)大王」という21代雄略天皇に推定される名が刻まれている。
これも漢字の音を借りた万葉仮名の一種とされる。
漢字の音を借りて固有語を表記する方法は5世紀には確立していた事になる。


万葉仮名の種類
1:字音を借りたもの(借音仮名)
  一字が一音を表わすもの
     全用 以(い)、呂(ろ)、波(は)、など
     略用 安(あ)、楽(ら)、天(て)、など  

  一字が二音を表わすもの
     信(しな)、覧(らむ)、相(さが)、…

2:字訓を借りたもの(借訓仮名)
  一字が一音を表わすもの
     全用 女(め)、毛(け)、蚊(か)、  略用 石(し)、跡(と)、市(ち)、…

  一字が二音を表わすもの
     蟻(あり)、巻(まく)、鴨(かも)、…
  
  一字が三音を表わすもの
     慍 (いかり), 下 (おろし), 炊 (かしき)

  二字が一音を表わすもの
     嗚呼(あ)、五十(い)、可愛(え)、二二 (し), 蜂音 (ぶ)

  三字が二音を表わすもの
     八十一 (くく), 神楽声 (ささ)



万葉仮名表記一覧

ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行 ガ行 ザ行 ダ行 バ行
ア段 阿安英足 可何加架香蚊迦 左佐沙作者柴紗草散 太多他丹駄田手立 那男奈南寧難七名魚菜 八方芳房半伴倍泊波婆破薄播幡羽早者速葉歯 万末馬麻摩磨満前真間鬼 也移夜楊耶野八矢屋 良浪郎楽羅等 和丸輪 我何賀 社射謝耶奢装蔵 陀太大嚢 伐婆磨魔
イ段 甲類 伊怡以異已移射五 支伎岐企棄寸吉杵來 子之芝水四司詞斯志思信偲寺侍時歌詩師紫新旨指次此死事准磯為 知智陳千乳血茅 二人日仁爾迩尼耳柔丹荷似煮煎 比必卑賓氷飯負嬪臂避臂匱 民彌美三水見視御 里理利梨隣入煎 位為謂井猪藍 伎祇芸岐儀蟻 自士仕司時尽慈耳餌児弐爾 遅治地恥尼泥 婢鼻弥
イ段 乙類 貴紀記奇寄忌幾木城 非悲火肥飛樋干乾彼被秘 未味尾微身実箕 疑宜義擬 備肥飛乾眉媚
ウ段 宇羽于有卯烏得 久九口丘苦鳩来 寸須周酒州洲珠数酢栖渚 都豆通追川津 奴努怒農濃沼宿 不否布負部敷経歴 牟武無模務謀六 由喩遊湯 留流類 具遇隅求愚虞 受授殊儒 豆頭弩 夫扶府文柔歩部
エ段 甲類 衣依愛榎 祁家計係價結鶏 世西斉勢施背脊迫瀬 堤天帝底手代直 禰尼泥年根宿 平反返弁弊陛遍覇部辺重隔 売馬面女 曳延要遥叡兄江吉枝 礼列例烈連 廻恵面咲 下牙雅夏 是湍 代田泥庭伝殿而涅提弟 弁便別部
エ段 乙類 気既毛飼消 閉倍陪拝戸経 梅米迷昧目眼海 義気宜礙削 倍毎
オ段 甲類 意憶於應 古姑枯故侯孤児粉 宗祖素蘇十 刀土斗度戸利速 努怒野 凡方抱朋倍保宝富百帆穂 毛畝蒙木問聞 用容欲夜 路漏 乎呼遠鳥怨越少小尾麻男緒雄 吾呉胡娯後籠児悟誤 土度渡奴怒 煩菩番蕃
オ段 乙類 己巨去居忌許虚興木 所則曾僧増憎衣背苑 止等登澄得騰十鳥常跡 乃能笑荷 方面忘母文茂記勿物望門喪裳藻 与余四世代吉 呂侶 其期碁語御馭凝 序叙賊存茹鋤 特藤騰等耐抒杼



参考資料
「日本語の歴史」  (岩波新書 山口仲美 )
「日本語の起源」  (岩波新書 大野 晋)
「日本語はいかにして成立したか」  (中公文庫 大野 晋)

Wikipedeia 「上代特殊仮名遣い」、「万葉仮名」


 「ファンタジ-米子・山陰の古代史」は、よなごキッズ.COMの姉妹サイトです
   ファンタジ-米子・山陰の古代史   







上代特殊仮名遣
上代特殊仮名遣いとは
上代日本語における『古事記』・『日本書紀』・『万葉集』など上代(奈良時代頃)の万葉仮名文献に用いられた表音的仮名遣。
定家仮名遣に先立つ古い時代の歴史的仮名遣ともされる。
上代日本語は8母音で、50音でなく、87音(万葉集)あるいは88音(古事記)であったとする説がある。