古代の軍事制度
軍事制度概要

古代日本の律令国家は、軍事制度として軍団兵士制を採用していた。

軍団兵士制
戸籍に登録された正丁(成年男子)3人に1人を徴発し、1国単位で約1000人規模の軍団を編成する制度であるが、これは7世紀後葉から8世紀前葉にかけての日本が、外国(唐・新羅)の脅威に対抗するため構築したものだった。
しかし8世紀後葉、対新羅外交政策を転換したことに伴い、対外防衛・侵攻のための軍団兵士制も大幅に縮小されることとなった。
そのため、軍団兵士制を支えてきた戸籍制度を維持する必要性も低下していき、9世紀初頭以降、律令制の基盤となっていた戸籍を通じた個別人身支配が急速に形骸化していった。


軍事制度の変遷
飛鳥時代
国造軍と呼ばれる兵力が存在し、中央・地方の豪族が従者や隷下の人民を武装させて編成していた。

奈良時代
律令制が導入されると軍事制度も整備され、中央官制の兵部省が設置される。
また戸籍の整備により選抜徴兵制が採用され(正丁(成年男子)3人に1人が兵士として徴発される規定であった)、徴兵された兵士は各地に設置された軍団に配属されて軍事訓練を受けた。
原則としては現地勤務であるが、一部の兵士は宮中警備を担う衛士と九州防衛を担う防人となった。

平安時代
792年(延暦11年6月)、陸奥国・出羽国・佐渡国・西海道諸国を除く諸国の軍団・兵士を廃止し、代わって健児の制を布いた。


軍団 (ぐんだん)
軍団とその構成員士
軍団
日本古代の律令制で全国に設けられた軍事組織。
個々の軍団は、所在地の名前に「軍団」をつけて玉造軍団などと呼ばれたり、「団」を付けて「玉造団」などと呼ばれた。

兵士
軍団に所属し、有事の際の出兵や辺境防備のための防人、衛士として各地へ派遣された。
792年に一部を除いて原則的に廃止され、任務は健児に継承される

衛士(えいし、えじ)
主に諸国で軍団が敷かれていた時期に、宮中の護衛のために諸国の軍団から交代で上洛した兵士。

防人(さきもり)
白村江の戦いにて唐・新羅の連合軍に大敗したことを契機に、九州沿岸の防衛のため設置された辺境防備の兵である。

鎮兵
なお蝦夷と対峙する陸奥国には、軍団とは別に鎮守府に属する鎮兵と呼ばれる固有の兵力が常設配備されていた。


軍団の徴用
養老律令の軍防令は、正丁(せいてい、21〜60歳の健康な男)三人につき一人を兵士として徴発するとした。
この規定では国の正丁人口の三分の一が軍団に勤務することになるが、実際の徴兵はこれより少なかったようで、一戸から一人が実情ではないかとも考えられている。
兵士の食糧と武器は自弁で、平時には交替で軍団に上番し、訓練や警備にあたった。


規模と指揮系統
軍団の管理
平時の軍団は国司の下に置かれた。

軍団の規模
標準的な軍団は千人であったが、小さな国ではこれより少なかった。
その場合、八百人・六百人・四百人など二百人区切りで適当な大きさの軍団が編成されたらしい。

軍団の指揮者
大毅(だいき) - 少毅(しょうき) - 校尉(こうい) - 旅帥 - 隊正 - 火長 - (伍長)

 大毅=六百人・八百人の軍団を率いた
 少毅=二百人・四百人の軍団を率いた
 校尉=二百人を率いた(校尉は二百長とも呼ばれた)
 旅帥=百人を率いた。
 隊正=五十人からなる「隊」を率いた(隊正は隊長とも呼ばれた)
 火長=十人からなる「火」を率いた。
      火は兵士の生活・公道上の単位で、補給の最小単位。
      おそらく一つの火で十人分の食事を作ったことに由来する。

千人以上の軍団は、大毅一名と少毅二名が率いた。

伍長が五人からなる「伍」を率いたとする説がある。


配置

軍団は、一つの国に最低一つ、大きな国には複数置かれた。
軍団の指揮系統は郡以下の地方組織に対応しており、指揮官の大毅と少毅は郡司層から選ばれた。
軍団は数個郡に一つの割合で存在し、郡家の近くに駐屯して、訓練に従事した。


軍団の縮小・廃止
  軍団制度はもともと唐や新羅の侵攻に備えたものであり、その危険が減ると必要性は薄れてきた。このため、792年、桓武天皇により、陸奥国・出羽国・佐渡国・西海道諸国を除いて軍団は廃止され、代わって健児の制が布かれた。


防人(防人)
防人とは
663年に朝鮮半島の百済救済のために出兵した倭軍が白村江の戦いにて唐・新羅の連合軍に大敗したことを契機に、唐が攻めてくるのではないかとの憂慮から九州沿岸の防衛のため設置された辺境防備の兵である。

任期
任期は3年で諸国の軍団から派遣され、任期は延長される事がよくあり、食料・武器は自弁であった。
大宰府がその指揮に当たり、壱岐・対馬および筑紫の諸国に配備された

防人の縮小・廃止
10世紀には実質的に消滅した。



健児(こんでい)
健児(こんでい)は、奈良時代から平安時代における地方軍事力として整備された軍団。
健児は元々、軍団兵士の一区分だったと考えられている。





国衙軍制(こくがぐんせい)
参考資料
ウキペディア


 「ファンタジ−米子・山陰の古代史」は、よなごキッズ.COMの姉妹サイトです
   ファンタジ−米子・山陰の古代史   







古代の軍事制度