飛鳥時代 前期  (592年-645年  33代推古天皇-35代皇極天皇)
秦河勝
概要


生没

系譜

詳細


穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)
概要:
聖徳太子の生母。

生没
生年不詳-622年(推古天皇29年)

系譜
父=欽明天皇(第三皇女)
母=蘇我小姉君・・・・稲目の娘

同母兄弟=茨城皇子、葛城皇子、穴穂部皇子、泊瀬部皇子(崇峻天皇)

伯叔母:蘇我堅塩媛・蘇我石寸名(母方)
伯叔父:安閑天皇・宣化天皇(以上父方)・蘇我馬子・境部摩理勢(以上母方)

夫:用明天皇・田目皇子

子女:聖徳太子(厩戸皇子)・来目皇子・殖栗皇子・茨田皇子(以上用明天皇との子)・佐富女王(田目皇子との女)

孫:山背大兄王・財王・日置王・片岡女王・白髪部王・手島女王・長谷王・三枝王・伊止志古王・麻呂古王・春米女王・久波太女王・波止利女王・馬屋古女王(以上用明天皇との孫)・葛城王・多智奴女王(以上田目皇子との孫)

詳細
「穴穂部」の名は、石上穴穂宮(いそのかみのあなほのみや)で養育されたことに由来すると考えられる。
異母兄用明天皇の皇后となり、厩戸皇子(聖徳太子)・来目皇子・殖栗皇子・茨田皇子を産んだ。
用明天皇崩御後は、用明天皇の第一皇子・田目皇子(多米王、聖徳太子の異母兄)に嫁し(姦通?)、佐富女王(長谷王妃、葛城王・多智奴女王の母)を産んだ。
       (田目皇子=用明天皇と蘇我稲目の娘である石寸名との間にできた皇子)
             

穴穂部皇子
概要
穴穂部間人皇后の弟、泊瀬部皇子(後の崇峻天皇)の兄。

生没

系譜

詳細
炊屋姫の愛人とされ、間人皇后とは姉弟以上の関係にあったとも言われている。
用明天皇との皇位争いに敗れていた皇子は、推古・馬子側につかず、物部を頼って天皇位を伺っていたが、炊屋姫(=推古)の断罪にあい馬子の家臣により殺害される。





東漢駒
概要


生没

系譜


詳細




僧慧慈
概要


生没

系譜

詳細


秦河勝
概要


生没

系譜

詳細


裴世清
概要


生没

系譜

詳細





小野妹子
概要


生没

系譜

詳細


古人大兄王
概要


生没

系譜

詳細




概要


生没

系譜

詳細



飛鳥時代 中期  (645年ー686年  36代孝徳天皇-40代天武天皇)  
間人皇女(はしひとのひめみこ)
概要
36代孝徳天皇の皇后。父は舒明天皇、母は皇極天皇(斉明天皇)。
天智天皇の同母妹、天武天皇の同母姉に当たる。

生没
生年不詳 - 665年(天智天皇4年)

詳細
乙巳の変(645年6月)により35代皇極天皇が譲位し、軽皇子(孝徳天皇)が即位する。
間人皇女はそれに伴い皇后となり、葛城皇子(中大兄皇子、後の天智天皇)を皇太子とし、大化の年号が採用された。
大化元年(646年)末に、飛鳥板蓋宮から難波長柄豊碕宮に遷都する。葛城皇子は孝徳の治世下で実質的に改革を推進しており、天皇と不仲になっていたらしい。
白雉4年(653年)に葛城皇子は天皇の意に反し、皇極や間人皇女の他、多くの官僚を率いて飛鳥に戻ってしまう。
天皇はこれを恨み退位も考えたが、山碕(後の京都府乙訓郡)に宮殿を造営中に病に倒れ、白雉5年10月10日(654年)に難波の宮殿で崩御した。


額田王(ぬかたのおおきみ)
概要
斉明朝から持統朝に活躍した、日本の代表的な女流万葉歌人。
天武天皇の妃(一説に采女とされる)。

生没

詳細
①出自
鏡王(かがみのおおきみ)の娘で、大海人皇子(天武天皇)に嫁し、十市皇女を生むとある。
鏡王は他史料に見えないが、「王」称から2世 - 5世の皇族(王族)と推定され、一説に宣化天皇の曾孫という。
また、近江国野洲郡鏡里の豪族で、壬申の乱の際に戦死したともいう。
額田王の出生地に関しては、大和国平群郡額田郷や島根県東部(出雲国意宇郡)に求める説がある。


十市皇女の出生後、天武天皇の兄である中大兄皇子(天智天皇)に寵愛されたという話は根強いが、確証はない。
状況証拠は『万葉集』に収められた歌のみである。
   茜指す紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る(巻1・20・額田王)
   紫の匂へる妹を憎くあらば人妻ゆゑに我恋ひめやも(巻1・21・大海人皇子)

天智・天武両天皇との三角関係を想定する理解が一般にあるが、池田弥三郎・山本健吉が『萬葉百歌』でこの2首を宴席での座興の歌ではないかと発言して以来、こちらの説も有力視され、学会では通説となっている。
晩年の王の歌としては、持統天皇吉野行幸に際して弓削皇子と交わした贈答歌があり、行幸の時期から推測して60代頃までは確実に生存していたと推測される。


概要

生没:不詳

系譜

詳細

 

()
概要

生没:不詳

系譜

詳細

       

()
概要

生没

系譜

詳細


概要

生没:不詳

系譜

詳細


()
概要

生没

詳細


系譜
()
概要

生没:不詳

系譜

詳細

飛鳥時代 後期 (686年-710年  41代持統天皇-43代元明天皇)
概要


生没

系譜

詳細






概要


生没

系譜

詳細




概要


生没

系譜

詳細




概要


生没

系譜

詳細



参考資料




 「ファンタジ-米子・山陰の古代史」は、よなごキッズ.COMの姉妹サイトです
   ファンタジ-米子・山陰の古代史   


古代人物総論-4 (飛鳥時代)
飛鳥時代を便宜的に概ね以下の様に分ける事とする。
   前期 592年-645年  33代推古天皇-35代皇極天皇
   中期 645年ー686年  36代孝徳天皇-40代天武天皇
   後期 686年-710年  41代持統天皇-43代元明天皇
飛鳥前期頃


飛鳥中期頃


飛鳥後期頃